男の人

育毛剤の効果を高めて実感するために行なうこと

自毛を植える

先生

毛髪量が少なくなってきた人にとって、専門の治療や対策などは気になるものかと思います。ただその方法も多種多様なため、自分に合った方法を選ぶことが必要です。大きく分けると4つの方法があります。育毛と発毛、増毛と植毛です。中でも簡単に効果を実感しやすく人気なのが植毛になります。植毛は自分の後頭部の毛を使う自毛植毛と、人工毛を使う人工毛植毛という方法があります。よく聞く育毛や発毛では、専用の薬剤を塗布することが行なわれますが、中には体質的に合わない人もいます。そんな身体的リスクが少ないのも植毛の特徴です。ただ、人工毛植毛の場合は、素材がポリエステルやナイロンといった合成繊維で作られたものになるため、免疫反応が起きて抜けやすかったりします。そこで年に1~2回のメンテナンスが必要になります。安心して植毛を行なうためには、自分の毛を使った自毛植毛がオススメです。自毛植毛は、自分の後頭部などの毛を薄毛部分に移植していきます。男性に多い男性型脱毛症AGAは、男性ホルモンが原因で起こります。ホルモン受容体が存在しない後頭部や側頭部の髪を頭皮ごと採取して行なうことで、定着後はほぼ一生生え続けます。たとえ抜けても、自然のサイクルで蘇ってくるため自毛植毛した髪はメンテナンスの必要がありません。また自分の毛髪を使うため、髪の色や毛質が自分にピッタリ合っていて、より若々しさやナチュラルな感じを取り戻せます。この自毛植毛の効果は術後10ヶ月~1年ほど待たなくてはなりません。そのため、自毛植毛を検討している人はなるべく早めに行なうと、早く効果を実感できるでしょう。